来年の春までは自作活動が緩やかに

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ここ最近、かなり忙しく、自作活動がほとんど出来ていません。

というのも、数ヶ月前に、職場内で担当の仕事が変わり、仕事を覚えなおしになったことで、かなり忙しくなったからです。

自作はあくまで趣味なので、生計を支える本業が大変になれば、当然のごとくそれらにかける時間は削られてしまいます。

本業がしっかりしてこそ趣味というのは楽しめるものですしね。

そして、もう一つ。

最近、家の新築を検討し動いています。

完成予定は4~5月頃になりそうです。

以前は製麺室やドデカイ寸胴用に床置きのコンロ、そして、専用の冷凍庫などの夢も描いていましたが、実際話しが進んでみるとそんなお金の余裕は全く出てきません。

ただ、今の狭いアパートのキッチンと比べると、調理環境は格段に良くなる予定です。
当然、今までよりも、作業がしやすくなり、これまで出来なかったことにもチャレンジ出来る様になってきます。

という事で、その時に向け、色んなアイデアを考えておく時期だと思い、頭をめぐらせていようと思います!

各種醤油をそろえる

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ここ最近、色んな醤油の収集を進めていました。
ただ、忙しいこともあり、なかなかラーメンという形まで持っていけてません。
このままでは、単なる醤油収集家になってしまうので、出来るだけ早めに実行に移したいと思っています。

ちなみに、どういうものを作ろうとしているかというと、やはり、醤油の旨味・風味を活かした醤油清湯です。
色々な醤油をまず、単体で試し、その性質をつかんだ上で、有効なブレンドを試行錯誤していきます。

また、他にも、より醤油風味を活かす為の手法もいくつか検討しています。
うまくいくか分からないので、まだ書きませんが、いずれブログの方に掲載していくつもりです。
想像している範囲では、恐らく効果があると思われます。

家族の介護、入院などによりなかなか作る時間が取れない

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

昨年の11月より、父が入院し、退院後も要介護状態となったり、要介護の祖父母の世話などがあり、ほとんど自作の時間が取れていません。

家族が入院すると手続きだったり、着替えの洗濯をとりに行く等の見舞いが結構大変です。
また、支払いや、高額医療費の申請、転院をした際に重複でかかる医療費の還付、など病院窓口や役所などの手続きも面倒です。

また、介護が必要になると、市の制度がしっかりとしているので、1、2割負担とかで介護士に世話をしてもらえるのですが、序盤は手続きなどが結構大変です。
一人ならまだしも、私の実家の場合は3人もいますからね。

そんなこんなで、最近は全く自作ラーメンについての時間が取れていません。
ただ、かわりにといってはなんですが、嚥下障害がある祖母や祖父に向け、野菜や各種栄養たっぷりのトロみあるスムージーを作っているので、そうした作業が野菜等のバランスでどういう味になるのかというのを学べているかなという部分はあります。

また、自作は出来なくても、食事を作る手間を減らすためにも、食べ歩きの方は継続しています。
そうしたこともあり、自作へのイメージは広がっています。
再開するときには、少しレベルが上がった自分を見る事が出来るのではないかという期待も持っています。
特にトラブル等なければ、ゴールデンウィークから少しずつやっていきたいと思います。

冬場の方が自作に適している

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

最近めっきりと寒くなってきました。

他の人はどうかは分かりませんが、私の場合は寒くなってくると自作に力を入れる様になってくるんですよね。
寒くて外出したくなくなり、家にこもるというのもありますが、一番の理由としては寸胴を煮込むコンロからの熱という部分が大きいですね。

寒い冬にスープを仕込むと、鍋がなかなか温まらず、また、ガス代等の効率は悪くなってしまうのですが、夏場にスープを仕込むと部屋がかなり蒸し暑くなってしまうのが嫌なんですよね。
その点、冬であれば暖房プラスアルファの暖かさになってくれます。

あとは、夜中に寸胴はシンクなどで放置しても寒さで劣化しにくいのも良いですね。
暑い夏は、場合によっては腐ってしまう事もあるので、冷蔵庫での冷却が基本となります。

そういった意味でも、冬は自作に適した季節と言えます。
逆にラーメン屋さんとかでは、「ガスの熱効率が悪くて困る」といった悩みもあるのかもしれませんね。まあ、客席のクーラーの電気代等もあるし一概にはいえないと思いますが。

有名店の試作鶏白湯を食べてみて

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
あるラーメン店の鶏白湯を食べたところ、かなり美味しく、びっくりしました。
自分の作り方との違いを考えていたのですが、私の場合は寸胴満タンの1.2倍位の量の素材を用意し、最初に7割位の量を煮込み、3~4時間後に骨などを選別しながら抜き取りつつ、スペースを開けて、残りを追いガラしていたので、素材量的に濃度は高くなり、かわりに煮込み時間も伸びてしまっていました。
最近は圧力鍋も使わないでいましたが、今回の試作を食べて、圧力鍋を使って短時間で旨味を取りきった方が、スープの状態も良く美味しいと思いました。
モチロン、タレや香味油などのバランスの取り方も大きいかなと思います。
プロの作るラーメンを食べるとやはり参考になりますね。